松坂大輔の子供の頃

松坂大輔の子供の頃

松坂大輔の子供の頃。つづけます。メジャーリーグで活躍している松坂は、実は5歳〜小学校3年生までの間、剣道を習っていました。松坂大輔の子供の頃の話をつづけます。
地元である江東区の「福住剣友会」に所属したそうですが、ここは、地元で有名な厳しい道場でした。
相手が子供だろうと容赦はありません。
野球をはじめるまでの体力、精神力作りのためのようです。
子供たちは、泣きべそをかきながら練習していたそうです。松坂大輔の子供の頃。さらに続けます。
幼い頃から週に4回は道場に通っていたことになります。
松坂の忍耐力や精神力は、幼い頃に受けた、このスパルタ教育が影響していると言えそうですね。
週に3日は夜間練習があり、日曜は試合や試験。
ちなみに、このリトルリーグ時代に、TVで海外でプレーしているサッカー選手、三浦知良選手をみたことが海外を意識するきっかけになりました。松坂大輔の子供の頃。さらに続けます。
ちなみに、このリトルリーグ時代に、TVで海外でプレーしているサッカー選手、三浦知良選手をみたことが海外を意識するきっかけになりました。

野球ではいつでも一番であり、また、そうでなければ気がすまない負けず嫌いだったそうです。
けれど、イチロー選手のように、いつも真面目に一生懸命練習を積み重ねてきた努力型のタイプではありません。
「サボリのマツ」というニックネームを持っていたことからもわかるように、子供の頃から練習嫌いで有名でした。
そんな練習嫌いを練習に向かわせたのは試合に負けた悔しさ、つまり負けず嫌いからです。
剣道をやっていた幼い頃から、ひっくり返されても泣かずに向かっていったそうですから、負けず嫌いは松坂が持って生まれた性分のようですね。

エルセーヌ 評判

エステティックTBC むだ毛処理

子供の目標

posted by 子育て at 18:42 | 子育て